LGBT Goods紹介『LGBTサポートブック: 学校・病院で必ず役立つ』

LGBT Goods紹介

LGBTサポートブック: 学校・病院で必ず役立つ

『LGBTの象徴である6色レインボーグッズであったり、LGBT関連のグッズやLGBT関係のグッズ。
ゲイ関連グッズ・ゲイ関係グッズ・レズビアン関連グッズ・レズビアン関係グッズ・トランスジェンダー関連グッズ・トランスジェンダー関係グッズを紹介します。

ぜひ、興味がありましたらAmazonで買えるグッズとして紹介するのでそのままご購入してみてくださいね(*´ω`*)』

グッズタイトル

LGBTサポートブック: 学校・病院で必ず役立つ

LGBTサポートブック: 学校・病院で必ず役立つ

LGBTサポートブック: 学校・病院で必ず役立つ書籍

作者はた ちさこ, 藤井 ひろみ, 桂木 祥子

クリエーターはた ちさこ, 藤井 ひろみ, 桂木 祥子

発行保育社

発売日2016-03-01

カテゴリー単行本

ページ数176

ISBN4586085525

Supported by amazon Product Advertising API

グッズ内容

報道で「LGBT」という言葉を見ない日はないという状況となった今もなお、さまざまな生きづらさを抱えているLGBT当事者、殊に青少年期の当事者が適切なサポートやケアを受けられるよう、学校教育関係者と医療従事者にとって欠かせない情報を凝縮した一冊。
看護・医療・教育の専門家、研究者、当事者、理解者・支援者による共同執筆。コンパクトにまとまったQ&A形式で、知りたいことから一つずつ学んでいくことができます。

目次

Part1 LGBTの基礎知識

1 LGBTとはどういう意味ですか?
2 LGBTはどれくらいいるのでしょうか? どこにいるのでしょうか?
3 LGBTと話すとき、どのようなことに気を配るとよいのでしょうか?
4 性的指向とはなんですか? 子どもには関係のない話なのでは?
5 同性愛と性同一性障害の違いがわかりません。

Part2 学校・教育関係スタッフが知っておくべき知識

1 自分はLGBTだと自覚するのは何歳ごろでしょうか?
2 LGBTの児童・生徒に特有の悩みとはどんなものでしょうか? どのような行動やサインをキャッチすべきでしょうか?
3 文部科学省からの通知で「多様な性のあり方について配慮せよ」とありますが、具体的にはどのような配慮が必要でしょうか?
4 いじめを受けていると思われる児童・生徒を、どのように支援すべきでしょうか?
5 「ホモ」「オカマ」「レズ」などの言葉を口にする児童・生徒に対して、どのように対応したらいいでしょうか?
~他

Part3 医療・看護スタッフが知っておくべき知識

1 LGBTの患者に出会ったことがないのですが、対策は必要でしょうか?
2 見た目の性別と、戸籍上の性別が明らかに異なる患者さんにどう対応すべきでしょうか?
3 診察券の性別を希望する性別にしてほしいと言われたのですが。
4 「自分はLGBTです」とはっきり言ってもらったほうが、こちらとしても対応しやすいと思うのですが?
5 法律上つながりのない同性パートナーに病状説明をしてもよいでしょうか?
~他

Part4 資料